« ハートのふれ愛 | トップページ

2017年7月 4日 (火)

食べ物と飲み物

軽くて楽しめる話題、と考えたが、私がそんな風に書けるのは、飲み食いの話くらいしかないような気がする。というわけで、私が言った外国での体験を中心に少し書いてみる。

[塩(酢)漬けニシン] オランダでは、生のニシンを開いて塩漬けにして食べる。尻尾をつかんで、口を上に開けて食べる。これがうまい。寿司のネタにしたらすごく良いのにと思ったりした。ドイツや北欧では、ニシンの酢漬けを食べる。ドイツではめちゃ酸っぱく、北欧では甘酢だが、私は、オランダ式の塩漬けが一番好きだ。
[ワイン] ワインについて私が語れることなどほとんどないが、一点だけ。どうして、日本のスーパーは、「白とロゼは冷蔵販売、赤は室温販売」という、欧米ではどこでも普通にやっていることができないのだろうか。
[炊飯] 私は、鍋でご飯を炊くテクを持っているが、実は、もっと簡単なご飯の炊き方がある。それは、研いだ米と1.2倍の水をタッパーに入れ、30分ほど電子レンジにかける、というやり方である。私はこれを、カナダで中国人留学生から教わった。
[ドイツ・東欧の保存食文化]  欧州でフランスが美食の国とされるのは、フランス国土の地味の良く、温暖であることの反映である。国中で、おいしい、野菜・果物・穀物がどっさり取れる。対して、寒く、冬に新鮮な青物が途切れがちなドイツ・東欧では、どうしても、保存食の文化が発達する。しかし、私は、そういう、日本では東北の食文化とも重なる、保存食の文化が好きだったりする。
例1: 酢漬け(ピクルス)
日本では、漬け物は塩辛いが、ドイツではめちゃ酸っぱい。上に出てきたニシンとかキャベツ(ザワークラウト)とか。もちろん、キュウリその他のピクルスもある。日本の感覚と違うのは、こういう酢漬けを、さらにたくさん盛って(時には火を通して)、サラダの如く食べることである。まさに、保存している野菜なのである。
例2: ライ麦パン
パンも、ドイツ(東欧)では、柔らかい白パンではなく、発酵させた酸っぱいライ麦パンになる。そのままではうまくないが、こってりしたチーズとかレバーペースト(これら自体が保存食だ)と酢漬けをはさむと、くどさが酸味に中和されてとてもうまい(私見)。
例3: ハンガリー風ロールキャベツ
ハンバーグが、くず肉を美味く食べる工夫をしたドイツ料理であることは知れたことだが、これをザワークラウトで包んで煮込んだのが、ハンガリー風ロールキャベツで
ある。ここまでくると、「くず肉や保存食を美味く食べる知恵」に脱帽せざるを得ない。
取りあえず、今回はこのくらいで。

« ハートのふれ愛 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581589/65493693

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物と飲み物:

« ハートのふれ愛 | トップページ

無料ブログはココログ